調整ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーを買おうと思っていろいろ調べてみると、その種類の多さに驚くかもしれません。
たくさんのローヤルゼリーの中で自分にあったローヤルゼリーを見つけるために、その種類の特徴を知っておきたいですよね。

ローヤルゼリーの種類

ローヤルゼリー選びをしていると、「調整ローヤルゼリー」という言葉を見かけることがあるかと思います。
そんな時、調整ってなんだろう?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
ローヤルゼリーは、大きく以下の3つのタイプにわけられます。確認してみましょう。

生ローヤルゼリー

蜂の巣の中で、女王蜂が誕生する「王台」から採取したもの。
不純物を取り除いただけの生のローヤルゼリー。

乾燥ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーを乾燥させ、粉末状にしたもの。

調整ローヤルゼリー

生タイプ、乾燥タイプのローヤルゼリーに副原材料や添加物を加えたもの。

では、調整タイプのローヤルゼリーにはどんなメリットがあるのでしょうか。

調整ローヤルゼリーのメリット

調整ローヤルゼリーでは、副原材料などを加えているため、生ローヤルゼリーと比較すると健康への効果が薄い気がしてしまうかもしれません。
純粋なローヤルゼリーである生ローヤルゼリーでは、その作用を十分に受けられることは確かです。
ですが、調整ローヤルゼリーであっても、生ローヤルゼリーとは違った健康作用のあるものも多く販売されています。
調整ローヤルゼリーとは、ローヤルゼリーの使用量が1/6以上(生換算)のものを指しています。
それ以外の部分では、飲みやすさや健康に配慮した成分を配合していることが多く、特徴もさまざまです。
以下に配合されている成分の一例をあげてみます。

調整ローヤルゼリーに配合されている成分例

  • ゴマ
  • にんにく
  • メカブフコイダン
  • ビール酵母
たとえばゴマの健康成分であるセサミンでは、ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」を減少しづらくする効果が確認されています。
ローヤルゼリーとセサミンを調整することにより、それぞれのいいところを引出しているのですね。
ただし、調整ローヤルゼリーに配合されている成分は、商品によって異なります。
長く続けていくために、どんな成分がはいっているのか(=どのように「調整」されているのか)、どんなメリット・デメリットがあるのか、商品をよく調べた上で自分にあったローヤルゼリーに出会いたいですね。