ローヤルゼリーと自律神経失調症

過度なストレスや生活習慣の乱れにより発症するといわれている「自律神経失調症」。
病院での対処療法はあるものの、コントロールすることの難しさに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは自律神経失調症にも効果の高いローヤルゼリーについてご紹介していきます。

自律神経失調症とのつきあい方

自律神経失調症とは、「自律神経」とよばれる「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れることにより起こる、さまざまな症状のことです。
自律神経失調症で起こる症状の一例をあげてみます。
  • 動悸
  • 不眠
  • 頭痛
  • 微熱
  • 耳鳴り
  • 不安感
  • 落ち込み
  • 憂鬱
  • 情緒不安定
  • イライラ
自律神経失調症の原因は、ストレスや生活習慣などともいわれており、その改善方法も、病院での治療のほか生活習慣の見直しやストレス解消など、目に見えづらいものが多いため苦労されている方も多いかと思います。
カウンセリングや投薬治療とあわせて、自分なりにとりいれられる改善策があれば、試してみたいですよね。
では、自律神経失調症に効果があることがわかっている、ローヤルゼリーについて確認してみましょう。

自律神経失調症に対するローヤルゼリーの効果

ローヤルゼリーはミツバチの働き蜂が、女王蜂のために作り出す特別な食事です。
ローヤルゼリーを食べ続けることのできる唯一の存在である女王蜂は、働き蜂に比べ、からだも大きく、寿命も長く、卵を産むことができるという役割を果たすこともできるようになります。
そんなローヤルゼリーは、人間のからだにも変化をもたらしてくれるものとして、近年多くの研究が進められています。
そのうちのひとつが、ローヤルゼリーと自律神経失調症に関する研究です。
元秋田大学学長である九嶋勝司医学博士は、以下の実験によりローヤルゼリーが自律神経失調症に効果があったとしています。
実験では、自律神経失調症と診断された女性20名に、7~20日の間、ローヤルゼリー40mgを注射しています。
その結果、そのうちの75%である15名に、症状の改善がみられたといいます。
このことにより、ローヤルゼリーは、自律神経の中枢にはたらきかけ、バランスを整えることにより症状を改善することがわかっています。

なかなか対策のしづらい自律神経失調症、ローヤルゼリーで、つらい症状から解放される第一歩をはじめてみてもいいかもしれませんね。